今さら聞けない冠婚葬祭Q&A特集

Q43 「『寒中見舞い』を出す期間って、あるのですか?」

A 「小寒(1/5頃)から立春(2/4頃)までの間が一般的です。喪中の場合は松の内が過ぎてから。また、立春以降は『余寒見舞い』といたしましょう。」

戻る

●オゾン発生器について

【葬儀でのオゾンの活用】オゾンの酸化分解力による、腐敗菌の殺菌、繁殖防止により、常温下において遺体の腐敗を最小限にとどめ、また、臭気も分解します。さまざまな悪臭原因(スカトール臭・アンモニア臭・生ゴミの腐敗臭)を分解。空気中に浮遊している浮遊菌やカビ菌を死滅させます。おすすめオゾン発生器は、オゾン&紫外線脱臭殺菌装置・YS08IRZです。