今さら聞けない冠婚葬祭Q&A特集

Q20 「2006年に50回忌となるのは何年に亡くなった人?」

A 「昭和32年(1957)に亡くなられた方が五〇回忌となります。ご参考までに、33回忌は昭和49年(1974)亡、17回忌は平成2年(1990)亡、7回忌は平成12年(2000)亡となります。」

戻る

●東京23区内の斎場と葬儀場について

公共斎場、葬儀場での葬儀、葬式、一般葬、家族葬、社葬に関するご案内ページです。四ツ木斎場の所在地は、東京都葛飾区白鳥2-9-1です。施設概要は、建物3階建、火葬炉は12基、休憩室は18室、式場は5室、控室は5室、コーヒーコーナーは1ヵ所、売店は3ヵ所あります。四ツ木斎場での葬儀、葬式、家族葬見積りプラン例など、葬儀基本セット(花祭壇)、棺等の内容や葬儀社・葬儀屋、斎場への支払い内訳等の料金について詳しく掲載しております。

●オゾン発生器について

【葬儀でのオゾンの活用】オゾンの酸化分解力による、腐敗菌の殺菌、繁殖防止により、常温下において遺体の腐敗を最小限にとどめ、また、臭気も分解します。さまざまな悪臭原因(スカトール臭・アンモニア臭・生ゴミの腐敗臭)を分解。空気中に浮遊している浮遊菌やカビ菌を死滅させます。おすすめオゾン発生器は、オゾン&紫外線脱臭殺菌装置・YS08IRZです。