今さら聞けない冠婚葬祭Q&A特集

Q2 「神式の告別式、表書きは『御霊前』でいいか?玉串の供え方は?」

A 「表書きは『御霊前』でもかまいませんが、『玉串料』『御榊料』とされる方が多いようです。玉串奉奠(たまぐしほうてん)は、まず葉先を左手、枝を右手で持ちます。次に時計回りに自分に垂直に向けます。左右の手を持ちかえます(葉先に右手、手前枝部分に左手が来ます)。さらに時計回りに回転させ、枝の方からお供えします。」

戻る

●臨海斎場について

公共斎場、葬儀場での葬儀、葬式、一般葬、家族葬、社葬に関するご案内ページです。臨海斎場の所在地は、東京都大田区東海一丁目3番1号です。施設概要は、火葬待合室、葬儀式場、遺族等控室、会葬者控室、柩保管施設などがあります。また、港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区の共同事業であるため、臨海部広域斎場組合を設立しております。そして、臨海斎場での葬儀、葬式、家族葬見積りプラン例など、葬儀基本セット(花祭壇)、棺等の内容や葬儀社・葬儀屋、斎場への支払い内訳等の料金について詳しく掲載しております。